顎関節症とは

最近若い女性に増えている顎関節症

「口が大きく開くことができない」「食べ物を噛む時、関節部分が痛みがある」「ガクッンという嫌な音がする」「偏頭痛がひどい」など・・・最近、このような悩みを抱える患者さんが増えてきてています。このような顎の運動障害を「顎関節症(がくかんせつしょう)」といいます。

日本顎関節学会「顎関節症の定義」によると・・・

「顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靱帯障害、関節円盤障害、変形性関節症などが含まれている」 顎の関節(顎関節)周辺に何らかの異常がある「顎が痛い」「顎が鳴る」「口が開けづらい」などが主な症状である慢性的な疾患で、あごの関節に痛みや不快感や関節の痛みがなくても、肩こり、頭痛不眠、目や鼻の不快感などに悩まされている方も少なくないようです。

また、近年顎関節症の患者さんが大変増えています。もともと子供から高齢者まで幅広くみられていましたが、最近はとくに20~30代の女性が非常に多くなってきました。

顎関節症の原因

昔は、噛み合わせの悪さの原因で「顎関節症」になると言われていましたが・・・それだけでもなく、いろいろなあごに負担がかかるような生活習慣との関係も指摘されています。

顎関節症は、顎関節に不自然な力がかかることから始まります。たとえば、歯並びが悪かったり、上の歯が少し外を向いていて、下の歯ときちんと噛み合わなかったりすると、顎の骨の動きに負担がかかります。噛み合わせ時に働く力はその人の体重と同じくらい、相当なものです。

また、歯を抜いたままにしておくと、抜けた後を補おうとして周囲の歯が傾いたり、本来とは違う向きに伸びたりします。歯に被せたりしたり、入れ歯(義歯)を入れて何年か経過した時にそれらが摩耗して、いつのまにか不自然な噛み合わせになってしまうこともかります。

さらには極端な噛み癖や歯ぎしり、ストレスによる歯の食いしばりが原因となることもあり、食生活や生活習慣の影響、心因的な物のあらわれという可能性もあります。

このように顎関節症には、いろいろな原因がありますが、顎関節症は複数の原因が重なっている場合が多いので、原因をそのままにせず、改善出来るような専門医や専門機関へ診てもらいましょう。
顎関節症は主な原因により次のⅠ~Ⅳのタイプに分類されます。

主にな顎関節症の原因 I型

咀嚼筋の障害によるもの、筋肉の緊張や筋炎が原因となります。顎全体が痛くなるために、顎の一部が痛いとピンポイントに特定することが難しいと言えます。

  • 咀嚼筋障害が主な原因
  • 血液循環の悪化で患う
  • 本来の原因箇所以外で痛みを感じる
  • (自分で)痛みを発している箇所をピンポイントに判断することが難しい
  • 症状が進行すると口が開かなくなる
  • 口を大きく開くと痛みを感じる
  • ストレスによって症状が悪化するケースがある

主にな顎関節症の原因 Ⅱ型(関節包・靭帯の障害)

顎関節部が捻挫をしたような状態です。関節円板の後部組織や、関節包、靭帯に力が加えられて損傷が生じ、関節包炎や滑膜炎といった炎症を伴うことで、痛みが生じるような症状です。

  • 関節包や靭帯障害が主な原因
  • 顎を動かすことで痛みを感じる
  • 病院での触診時にも圧迫による痛みを感じる
  • 関節包炎や滑膜炎などを発症している
  • 物を噛むだけで痛みを感じる
  • 顎を動かしていなくても痛みを感じる場合が

主にな顎関節症の原因 Ⅲ型(関節円板の障害)

これはⅠ型についで多く、関節円板が本来の位置から前にずれてしまう症状です。関節円板というのは前後の連結はあまり強くありません。そのため前後に動きやすい反面、関節円板の後部組織は伸びやすい構造となっています。関節円板が前後に動いているうちに、後部組織が伸びてしまい、関節円板が前にずれたままとなった状態を「関節円板前方転位」と呼びます。

  • 基本的に痛みを感じることがない
  • 口の開閉によって音がする(ゴリゴリ、コリコリといった音)
  • 症状が悪化すると口を開く際に痛みを感じたり、開かなくなる
  • 関節円板が起因した病気
  • 一般的には口の開閉が困難になる症状が現れる

主にな顎関節症Ⅳ型 - 変形性関節症 の原因

顎関節症Ⅳ型とは、変形性関節症によって起こるタイプで、顎関節に強い負荷が、繰り返し、長時間持続して加えられることで、その圧力により、骨の周囲などに新たな骨組織が形成されてしまう症状が起こるのが特徴的です。口の開閉時にゴリゴリ、ジャリジャリといった音が生じるのが特徴で、滑膜炎等の症状を伴うと痛みがでます。

  • 基本的には顎関節の変形が原因
  • 顎関節症Ⅰ型からⅢ型のいずれかの症状が現れる(関節痛、開口障害、関節雑音)
  • 顎関節の異常
  • 顎関節症において治りづらい症状
  • 「ギシギシ」といった関節雑音が聞こえる
  • 治療を行わないで放っておくと顔の左右のバランスが非対称となる
  • 常に症状が現れずに1日の内の、ある時間帯で症状が現れることがある

顎関節症・噛み合わせ治療の歯科医院

顎関節症・噛み合わせなどお口に関する些細なことでも構いません
顎関節症・噛み合わせ治療なら 大阪 東大阪の山林歯科医院

顎関節症と噛み合わせ治療なら大阪 東大阪「山林歯科医院」

入れ歯だから、歯がないからしっかり噛めない諦めてませんか?ちょっとした噛み合わせが悪いと顎関節症になるイライラ、頭痛、肩こり、腰痛などのコリや痛みなど生じる場合があります。
大阪 東大阪の歯科「山林歯科医院」は最新の設備を設置し、信頼と実績のある歯科医院です。口腔内のトラブルを診断・治療し、体の機能を回復することによって、患者様が毎日健康で明るく生活して頂けるお手伝いを致します。

〒579-8053 大阪府東大阪市四条町1-4-フォーチュンコートクリニックビル3階
TEL 072-981-8108 FAX 072-981-7581(休診:水・土午後 日曜日 祝日)